看護師

【切らない脂肪吸引治療として話題に】脂肪溶解注射の特徴を紹介

  1. ホーム
  2. 食欲の秋も綺麗なボディで

食欲の秋も綺麗なボディで

ドクター

早くサイズダウンするには

夏の露出が多い季節は終わりに近づきましたが、今度は食欲の秋がやってきますね。夏が終わってもダイエットとの戦いは年中続いていくような気がします。太ると目立ちやすい部分のお腹や二の腕は、なかなかダイエット効果も現れず大変ですよね。簡単にサイズダウンできる画期的な方法といえば脂肪吸引がありますね。なかなかハードルが高い施術だと感じる方も多いのではないでしょうか。でもダイエットをしなくても痩せられるのならやってみたいという方も多いでしょう。脂肪吸引をやりたいなら、気をつけることがいくつかあります。まずは脂肪吸引を受ける部位にもよりますが、何日かは安静にできるようにスケジュールを空けることや、あまり外出せず家でゆっくりできるように、環境を整えておくことです。お腹や太ももの大きい部位の脂肪吸引手術を受けた場合など、次の日からお仕事をバリバリこなすというのはやはり難しいのではないでしょうか。個人差もあるので大丈夫な方もいらっしゃるでしょうが、体調を早く回復させるためにも余裕を持ったスケジュールにしておく方が気を楽に休めるでしょう。手術を受けて落ち着けばスリムなボディになっているなんて夢のようですよね。ほかに気をつけるところは、家が遠い方は近くにホテルをとったり、電車であまり長時間移動したりしなくていいように事前に手配しておくことです。麻酔を受けたりするので車の運転は危険などの説明や注意事項がクリニックから説明があるでしょう。それらを自分は大丈夫だろうと甘く見ずに、医師の指示はしっかり守って安静にすることも大切です。脂肪吸引はやはりハードルが高いという方には、脂肪を溶かす注射もおすすめです。注射を受ける際に気をつけた方がいいことは、小さいですが針の跡が見えるかもしれないので、周りに知られたくない場合はその部位が見えないような服を着ていくことです。顔の場合はマスクなどがあれば十分隠せるのではないでしょうか。注射の跡が数日後少し青あざのようになることもあるので、何日かは隠せるようにしておくと気にせず過ごせるでしょう。注射が苦手な方は躊躇するかもしれませんが、手術に比べたら体に負担も少なく脂肪をやっつけることができるのが魅力ですよね。施術にかかる時間も短く済みますね。きれいなボディを手に入れるには脂肪吸引も注射もどちらもおすすめの施術です。ご自身の希望に合った方法を見つけて、ぜひこの冬もタイトな服が着こなせるようにステキな体を目指して頑張っていきましょう。