看護師

【切らない脂肪吸引治療として話題に】脂肪溶解注射の特徴を紹介

  1. ホーム
  2. メスを使わずに部分痩せ

メスを使わずに部分痩せ

注射

体への負担が軽い

ダイエットをしても、なかなか落ちない体重・体脂肪に悩んでいるという方は、医療痩身にチャレンジしてみるのも良いでしょう。医療痩身は文字通り医療で痩せる施術で、審美性の高い治療を行う美容外科でなら、大半のクリニックで施術を受けられます。美容外科での施術と聞くと、体にメスを入れる美容整形のイメージが強いですが、医療痩身の場合はメスを使わない施術も行われているのが特徴です。医療痩身といえば「脂肪吸引」が有名ですが、今はメスを使わない脂肪吸引法も、多くの美容外科クリニックで行われるようになりました。メスを使わない脂肪吸引は「脂肪溶解注射」や、「メソセラピー」と言われており、脂肪を溶解する薬剤を注入する施術を行います。フォスファチジルコリンなど脂肪を溶かす作用のある薬剤を、直接脂肪が気になる部分に注入して部分痩せを行うのです。溶けた脂肪は老廃物として体外へと排出される仕組みとなっており、脂肪を減らす効果に長けた施術となっています。薬剤を注入してからすぐに脂肪が溶けだすという事は無いので、じわじわと脂肪が落ちたと実感できるのが脂肪溶解注射の魅力です。気になる脂肪のみをポイントに溶かす事のできる施術という事もあり、部分痩せの効果にはとても優れています。二の腕やお腹周り、太ももといった食事制限や運動だけのダイエットだと、なかなか脂肪が落ち難い部分もピンポイントで脂肪を落とす事が可能です。女性の場合、脂肪がついているというだけでなく、脂肪が硬くなるセルライトで悩んでいるという方も少なくありません。脂肪溶解注射はダイエットで改善が難しいセルライトも、目立たなくする効果があると言われている医療痩身でもあります。注射をするといっても事前に局所麻酔を行うので、薬剤を注入する際には痛みを感じるという心配はありません。皮膚を切開・縫合するといった施術もなく、注入後もほとんどダウンタイムが無いほど、体への負担が少ないのが脂肪溶解注射最大のメリットです。施術時間も施術部位によって変わるものの、10分から15分程度と短時間なので休日を利用して医療痩身を受けられる、手軽さも魅力となっています。脂肪吸引のように体にメスを入れる手術は敷居が高いという方でも、注射器のみでの施術となる脂肪溶解注射は、:受けやすいと感じるのではないでしょうか。辛い食事制限や運動を続けなくても、脂肪溶解注射にチャレンジしてみれば、手軽に理想のボディラインを手に入れられるかもしれません。