看護師

【切らない脂肪吸引治療として話題に】脂肪溶解注射の特徴を紹介

  1. ホーム
  2. 自然な痩せ方を作ろう

自然な痩せ方を作ろう

カウンセリング

患者の要望に応える

脂肪がついてなかなか取れない方や、綺麗な痩せ方をしたい方には、奥の手として美容整形外科で整形するという選択肢が残っています。体の脂肪に使われる施術は脂肪吸引です。脂肪吸引とは、皮膚の外から脂肪にカニューレという管を挿入し、機械で強引に吸い出すという方法です。これに対して顔の脂肪には、脂肪溶解注射というものが用いられます。脂肪溶解注射とは、レシチンという大豆由来のアミノ酸を脂肪に注射することで、脂肪が液体になり、そのまま尿として排出されるという痩せ方です。どちらの方法も、美容整形外科での施術が人気です。その理由は、受診者がただ痩せるだけでなく、楽に綺麗な姿を手に入れたいからです。体の脂肪吸引は、通常は穴を一点だけ開けて吸いたい脂肪をすべて吸い出します。これなら安く早く施術を終わらせることができますが、美容整形外科は安さや早さよりも楽さと仕上がりを重視するので、違う吸引方法を取ります。美容整形外科での脂肪吸引は、穴数カ所に開けて吸います。それはこうすることでお腹や太ももなどについた脂肪を満遍なく吸い出せ、自然な輪郭を作って痩せさせることが出来るからです。また、特に人気なのがボディジェットです。これは脂肪吸引の前に脂肪と筋肉の間をめがけて水を流すことで、あらかじめ脂肪を筋肉から剥がしておくことで、吸引時の痛みを抑えて内出血も防ぐ方法です。肌の色が変わって見えることを嫌がる女性にとって、ボディジェットはまさに理想の脂肪吸引です。顔の脂肪をとる時は、より仕上がりの輪郭に気を遣うので、吸引ではなく脂肪溶解という手段をとります。注射のみで脂肪を消すことには二つの利点があります。一つ目は傷跡が残らないことです。脂肪吸引では直径1cm程度の管を入れるための穴を開ける必要があるのに対し、注射は予防接種と同じように穴が消え、どこに打ったのかも分からなくなります。二つ目は皮膚のたるみを抑えて自然に痩せていけることです。脂肪吸引を行うと、一気に脂肪を減らせる一方、脂肪によって伸ばされていた皮膚は縮むのには時間がかかり、もし顔についていた脂肪が一気にごっそり無くなってしまったら整形したことがバレてしまいます。それに対して脂肪溶解注射は、液化した脂肪をゆっくりと排出することにより、皮膚をたるませずに痩せ、そして周りからはダイエットによって脂肪がなくなったように見えます。美容整形外科は、脂肪を減らすことによって美しさを作るための施術をするからこそ、女性に人気です。また体を気遣い、ボディジェットや注射など出来るだけ痛くない方法を選択するので、痛いのが怖いからと躊躇う女性も満足することが人気の要因です。